PFAS.jp|有機フッ素化合物(PFAS)情報

有機フッ素化合物(PFAS)に関する情報を一挙にご紹介する情報サイトPFAS.jp
国内の報道機関が発信した情報を時系列にご紹介しております。

個人情報保護方針

株式会社ウェリントンラボラトリーズジャパン(以下「当社」という)では個人情報保護の重要性に鑑み、以下の方針に基づき個人情報・個人番号及び特定個人情報(以下、個人番号と特定個人情報を「特定個人情報等」という)の保護に努めます。

1.クッキー(Cookie)の使用について

PFAS.jpではCookieを使用しています。
Cookieによるトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
Googleアナリティクスの規約に関してはこちらからご確認いただけます。
また、広告配信事業者がユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookieを使用することがあります。
広告設定でパーソナライズ広告を無効にできます。この規約に関してはこちらからご確認いただけます。
Cookieはブラウザの設定により拒否することができます。

2. 個人情報保護コンプライアンス・プログラムの策定と継続的改善

当社は、役員及び従業員に個人情報保護の重要性を認識させ、個人情報・特定個人情報等を適切に保護するための個人情報保護コンプライアンス・プログラム(本方針、「個人情報保護基本規程」及びその他の規程、規則を含む。)を策定、実施、維持し、継続的に改善します。

3. 「個人情報保護基本規程」の遵守

当社は、「個人情報保護基本規程」及びその他の規程、規則に従い、各部門の業務内容及び規模を考慮した適切な個人情報・特定個人情報等保護のための管理体制を確立し、個人情報・特定個人情報等を適切に収集、利用、提供するとともに、情報主体(本人)への個人情報・特定個人情報等の開示や訂正等、情報主体への適切な対応を行います。

4. 個人情報・特定個人情報等の正確性・安全性の確保

当社は、個人情報・特定個人情報等の正確性及び安全性を確保するため、個人情報・特定個人情報等を正確かつ最新の内容に保つよう努めるとともに、情報通信技術及び管理組織体制の両面から合理的な安全対策を講じて、個人情報・特定個人情報等への不正アクセス、紛失、破壊、改竄、漏洩等の防止に努めます。

5. 個人情報保護に関する法令及びその他の規範遵守

当社は、個人情報の保護に関する法令の規定及び行政機関その他が特に定めた規範、ガイドライン等を遵守します。

2023年5月
株式会社ウェリントンラボラトリーズジャパン

メールマガジン利用規約

本規約は、株式会社ウェリントンラボラトリーズジャパン(以下「当社」という)が運営するPFAS.jp及びその他当社の活動等に関するメールマガジン配信サービスに対する利用者と当社との間に適用される条件を定めたものです。利用者がメールマガジン配信サービスを利用する際には、本規約の内容に同意の上、ご利用いただくようお願いします。

第1条(登録)

1.メールマガジン配信サービスの利用にあたっての登録手続は、当社所定のメールマガジン登録フォームにより、利用者自らが必要項目を入力し、登録をした時点で、利用者は本規約の内容に同意したものとします。

2.意図的に虚偽の情報を登録する行為(故意に存在しないメールアドレスによる登録等を含む)を行ってはならないものとします。

第2条(登録情報)

1.当社は、利用者が登録した個人情報を、個人情報の保護に関する法律その他関係する法律及び規範並びに当社が定める「個人情報の保護に関するステートメント」(以下総称して「個人情報保護法令等」という)に従い適切に取り扱うとともに、厳重に管理します。

2.当社は、利用者が登録した個人情報を、メールマガジンの配信及び当社からの連絡の目的でのみ、使用します。
なお、メールマガジンの配信業務を第三者に委託する場合、当社は当該第三者に本条の定めを遵守させるものとします。

3.当社は、事前に利用者本人の承諾を得ることなく個人情報の修正、変更をしないものとします。

4.当社は、利用者がメールマガジン配信サービスの登録解除を行った時点で、登録した個人情報も同時に削除します。

第3条(メールマガジンの配信)

1.利用者によるメールマガジン配信サービスの利用登録後、当社は利用者に対して、メールマガジン(メールマガジン関連の情報、告知、運営上の事務連絡に関連する電子メールを含む)を配信できるものとします。メールマガジンには当社、イベント協賛会社等第三者に関する広告、宣伝等が含まれる場合があります。

2.当社は、メールマガジンの配信にあたり、利用者本人が登録したメールアドレスのみ使用するものとします。

第4条(内容変更・登録解除方法)

1.利用者は随時、登録内容の変更又はメールマガジン配信サービスの登録解除による配信停止ができるものとします。

2.利用者が登録内容変更又は登録解除を希望する場合、メールマガジンに当社が記載する方法により、利用者本人が手続きを行うものとします。

第5条(利用者登録解除)

当社は、以下に該当する場合、利用者の利用登録を解除することがあります。
(1)利用者が本規約に違反した場合
(2)利用者の登録情報に虚偽、過誤がある場合
(3)利用者により登録されたメールアドレスが機能していないと判断する場合
(4)利用者が第三者になりすまして利用登録を行った場合
(5)利用者により登録されたメールアドレスの利用停止等により配信したメールマガジンが不達となった場合
(6)利用者により登録されたメールアドレスにつき、第三者から登録した覚えがないのにメールマガジンが届いた等の苦情が届いた場合
(7)その他、当社が不適当と判断する行為があった場合

第6条(メールマガジン配信サービスの中断・停止及び内容変更)

1.当社は、以下に該当する場合、利用者への事前の通知なくして、メールマガジン配信サービスの変更、一時的な中断または停止をすることがあります。
(1)天災、停電、戦争等の不可抗力によりメールマガジン配信サービスの提供ができなくなった場合
(2)当社がメールマガジン配信サービスの運営上、一時的な中断が必要と判断した場合
(3)当社がシステム保守を実施する場合

2.当社は、前項によりメールマガジン配信サービスを中断・停止又は内容を変更する場合、事前に利用者に対し電子メール等によりその旨を通知するものとします。
但し、緊急の場合は、事後の通知とします。

第7条(免責事項)

当社は、以下の事項につき、一切の責任を負わないものとします。
(1)提供する情報には、広告主その他第三者から提供される情報を含むことから、当社はその品質について、情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性その他、いかなる保証もしないものとします。
(2)利用者が当社の配信するメールマガジンを利用して被った損害
(3)当社が配信するメールマガジンに関連して、利用者間で生じたトラブル
(4)利用者が使用するコンピューター、回線、ソフトウェア等の環境等に基づき生じた損害
(5)メールマガジン配信サービスの中断・停止又は内容変更によって利用者が受ける損害
(6)自己が通常講ずべき対策を講じていたにもかかわらず生じたウィルス被害及びその他の不可抗力に起因した損害

第8条(著作権)

1.メールマガジンに掲載される文字、写真、映像、音声等のすべての著作物、肖像、キャラクター、マーク、その他の情報(以下総称して「コンテンツ」という)に関する一切の権利(所有権、知的財産権、肖像権、パブリシティー権等)は、当社もしくは当該権利を有するコンテンツ提供元に帰属します。

2.利用者は、コンテンツについて、一切の権利を取得することはないものとし、コンテンツに関する権利を侵害する一切の行為をしてはならないものとします。

3.本条の規定に違反して問題が発生した場合、利用者は、自己の費用と責任においてかかる問題を解決するとともに、当社に何らの迷惑又は損害を与えないものとします。

第9条(準拠法および管轄)

1.本規約の準拠法は日本国法とします。

2.本規約に関して、利用者と当社の間で紛争が生じた場合は、東京地方裁判所または東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第10条(本規約の変更)

1.当社は、利用者の事前の承諾を得ることなく、本規約を変更することができるものとし、この場合、利用者に対し、変更後の規約を当社が適当と判断する方法(ウェブページに掲載して利用者が容易に知り得る状態に置くことを含みます)で通知するものとします。

2.前項の変更は、その通知した時点で直ちにすべての利用者が承諾したものとみなし、その効果が発生するものとします。なお、前項の変更を承諾されない利用者は、メールマガジン配信サービスのご利用はお控えください。

2023年5月
株式会社ウェリントンラボラトリーズジャパン